Process in tune!経営をビジネスプロセスからサポートいたします
お問い合わせ

metasonic suite4 発表

ビジネスルール機能を搭載し、名称も新たに日本市場に投入。クラウドによる提供も年明けに開始

パワード プロセス コンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:力 正俊、以下 PPC)は、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)製品「Metasonic Suite(メタソニックスイート) 4」の国内提供を本年10月28日より開始すると発表しました。

Metasonic Suiteは、独Metasonic社(旧社名:jCOM1社)が開発した製品です。その国内総販売代理店であるPPCでは、従来版を「jCOM1(ジェイコムワン)3.4.0」として提供してきましたが、今回の最新版より製品名も新たに国内市場への訴求を強化します。Metasonic Suite 4は、プロセスモデリングツール「Metasonic Build」、プロセスの確認・検証ツール「Metasonic Proof」、プロセスの実行ツール「Metasonic Flow」の3つのメインコンポーネントで構成されたパッケージとして提供されます。

PPCではパートナーとの協業により、年明けにはMetasonic Suite 4をクラウドサービスとしても提供を開始する予定です。これにより、中小企業まで視野に入れた広い市場を開拓していきます。 Metasonic Suiteは、業務ユーザ間のコミュニケーションを中心に据えた、人や組織を基点にプロセスを描く「サブジェクト指向」のBPM(Subject-oriented BPM:S-BPM)製品です。その最大の特長は、従来のBPM製品では連携できなかった「プロセスモデル」、「プロセスフロー」、「実行系システム」の統合を実現していることです。今回の最新版は、ビジネスルール機能を搭載した新しいビジネスオブジェクトを採用していることが大きな特長です。これにより、データの表示形式や表示・非表示のコントロール(クライアント側)、後続するプロセスに向けた意思決定やデータ処理(サーバ側)など、予め定義されたルールに基づいて自動的にビジネスロジックを実行できるようになります。ユーザは、業務そのものや変更に起因する複雑なプロセスの記述を回避し、柔軟な統制とダイナミックな管理が可能になります。


Metasonic Suite 4では、ビジネスルールの他にもユーザの使い勝手を向上する各種機能が強化されています。


■ビュー機能の向上

ビジネスプロセスの構造を定義するプロセスオーバービューエディタのグラフィック環境を改良しました。

■リファインメントエディタの改良

ITエンジニアがより簡単に拡張プログラムを追加できるように改良しました。

■モデリングのサポート

モデリング時の整合性チェック機能を新たに加えました。

■レポーティングの向上

レポート作成にかかる時間を大幅に短縮するBIRT(Business Intelligence & Reporting Tools)レポートライブラリを用意しました。管理者はライブラリをドラッグ&ドロップするだけで、目的に応じた多様な管理レポートを作成することができます。


Metasonic Suiteを構成するコンポーネント


■Metasonic Build によるプロセスモデリング:

業務ユーザが自らプロセスの作成や最適化できるプロセスモデリングツールです。わずか5つのシンボルを用いた直観的な操作で、プロセスの変更やプロセスモデル作成および最適化が可能なため、多くの時間とコストを削減しながらメンテナンス性を向上できます。さらに今回の最新版より、プロセス記述言語から実行言語への変換が不要になりました。これにより、プロセスモデルの作成や変更に加え、これまではIT担当者が実施していたビジネスプロセスの記述も業務ユーザ自ら実行できるようになりました。

■Metasonic Proof によるプロセスの確認・検証:

Metasonic Build で作成したプロセスモデルは、Metasonic Proofによりプログラミングの知識無しにプロセスフローを生成できます。生成されたプロセスフローは、そのプロセスに関わる全ての実務関係者の間で即時にWeb画面でシステムとして検証できるため、実装上のリスクを大幅に削減できます。プロセスの矛盾などによる無駄を抑えながら業務プロセスの知識を関係者全員が共有できるため、企業競争力の向上やコストの削減に繋がります。

■Metasonic Flow によるプロセスの実行:

Metasonic Proofにより検証を終了したプロセスフローは、Webポータル上で即座にアプリケーションとして実行され、実行系システムへの容易な受け渡しが可能です。




Metasonic Suiteのこうした一連のアプローチは、ユーザの参加意識を高め、継続的なビジネスプロセスの改善に貢献します。稼働後のシステム運用や保守が容易になるほか、作成したプロセスモデルと実業務との乖離や、高額なコンサルティング料金といったBPM導入における一連の課題を解決します。さらにMetasonic Suiteは、ビジネスコミュニケーションツールとして活用することができます。たとえば、ビジネスプロセスの進捗をどこからでもリアルタイムで把握できるため、災害時をはじめとする様々なシーンで容易にテレワークが実現できます。また、ユーザ内でナレッジを共有できることから業務マニュアルとしての活用も可能です。


<製品概要>
名称 : Metasonic Suite 4 (メタソニック スイート 4) 
提供開始日: 2011年10月28日
販売経路: 販売パートナーを通じた間接販売
価格: 最小構成ライセンス費用 約900万円
(モデラー1名、プロセスフロー人数20名の場合)



<本発表へのパートナー企業からのエンドースメント>


◇ 株式会社クニエ

グローバル事業本部 マネージングディレクター 加藤 康治 様

急激な経済環境の変化に対応するには、経営自体も俊敏性と柔軟性を兼ね備えなくてはなりません。Metasonicは、長期的な設備投資であるITシステムに対して、人や組織を基点として業務処理を定義することにより、エンド・トゥ・エンドの業務プロセスに対して俊敏性と柔軟性を提供します。加えて、ボトルネック解析や評価指標(KPI)によるフィードバックにより、業務プロセスの効率化ならびに意思決定の高度化を継続的に推進することができるツールとして高く評価しています。従いまして、当社の提供するBPMコンサルティングサービスにおいて重要な位置付けにあると確信しております。

◇ 日本電気株式会社

製造・装置業ソリューション事業本部 ソリューション企画グループ  統括マネージャー 中村 慎二 様

新興国市場の開拓や円高対応などで、日本企業の海外事業展開が加速する中、グローバルでの業務プロセスの標準化・ITガバナンス強化のニーズがますます高まっています。Metasonic社のソリューションは、ERPなどではカバーできない人間系業務まで含めたプロセスの見える化・自動化が可能であり、NECは社内外で導入を進めてまいりました。今回の新製品はこれらのプロセス改革をさらに強力に広範囲に支援するものであり、NECとしても大いに期待しています。NECの「Metasonic Suite」を活用したソリューションの詳細は、こちらにてご覧いただけます。
http://www.nec.co.jp/solution/bpm/

パワード プロセス コンサルティング株式会社について

パワード プロセス コンサルティングは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)のコンセプトに立脚したコンサルティングサービスを提供するコンサルティングファームです。 BPMに関し豊富な経験を持ち、様々なビジネスモデルに精通するコンサルタントがBPMの実践と浸透、内部統制、プロセス指向のIT構築などのコンサルティングサービスを通じて、お客様の経営を支援しています。

ホームページ:http://www.powered-process.com

本件に関するお問合わせ先

パワード プロセス コンサルティング株式会社 担当 荒井
住所 : 〒107-0061 港区北青山3-6-18 共同ビル青山6F 
電話: 03-6427-3944
FAX: 03-6427-3943
E-mail: info@powered-process.com
パワード プロセス コンサルティング 株式会社
〒141-0001 東京都品川区北品川5-4-14 イマス北品川ビル5F
TEL:03-6432-5612 FAX:03-6432-5614
Copyright(c)2011 Powered Process Consulting Co., Ltd.